古銭の把握をしておこう

日本の古銭は、時代別で大きく2つに分かれる

日本の古銭は、幕末までのものと明治以降のものとに二分されます。幕末までのものとしては、富本銭という特殊なものがまず最初にあり、皇朝十二銭という12種類の硬貨が発行され、その後、日本国内での鋳造は停止され、永楽銭などの渡来銭が日本で流通します。ここまでの硬貨は、渡来銭も含め、円形の外形に四角の穴のあいた「穴あき銭」と呼ばれるタイプです。戦国時代の終わり頃から日本でも再度作られるようになり、江戸時代に入ってからは、本格的に多種類が作られるようになります。
江戸時代に作られた硬貨は、楕円形の金貨である大判小判、長方形の金貨または銀貨である二分判金や一分銀などがあり、不定形の秤量貨幣である丁銀や豆板銀も作られ、穴あき銭タイプの一文または四文の寛永通宝が大量に作られ、楕円形で四角の穴のあいた百文相当の天保通宝が作られます。これ以外にも、特殊な地方貨などが作られています。


明治以降の近代貨幣の特徴

明治の極初期には、江戸時代と変わらない外形の明治二分判金や明治一分銀なども作られましたが、明治3年から近代銭が作られるようになります。近代銭には、製造年が入っていて、それまでのものと決定的に違います。製造年によって製造数が極端に違うことがあり、その稀少価値による評価も極端に違うため、近代銭に関しては、製造年が決定的に重要になります。
近代銭で注目されるのは、金貨銀貨ですが、銅貨のようなものでも製造数の少ないものは、高く評価されるため注意が必要です。また、未使用極美品となると残存数が少ないので、製造数の多いものでも高額評価になることがあります。現行硬貨であっても、製造数が少なく未使用極美品であれば、高額評価になるものも一部にあります。